17歳上夫、10歳女の子と3歳男の子を持つ、メンタル豆腐な「こたつむり主婦」のブログ

続こたつむり主婦の気ままな暮らし

子どもの歯磨き・仕上げ磨き 子育て

これで完璧!子供の仕上げ磨きの方法とおすすめ歯ブラシはこれ!

投稿日:2016年2月28日 更新日:

これで完璧!子供の仕上げ磨きの方法とおすすめ歯ブラシはこれ!

というわけで、

みなさん、こどもの仕上げ磨きを頑張っておられますか!?

私は、子供(8歳 娘)を虫歯にしたくない一心で、これまでの約8年間、1日たりとも欠かさずに仕上げ磨きを行ってきました。

人生、生きてりゃいろいろあるわけですが、雨の日も風の日も雪の日もです。←その表現おかしいだろ

私は、こだわりが強い性格なので、

「完璧な仕上げ磨きの方法」

を模索し続けてきました。

その甲斐あって、

娘はまだ一度も虫歯になったことがありません!

自分で言うのもなんですが、

これってスゴイことだと思いませんか!?

娘が虫歯がないことがじゃないですよ!

だって、お子さんをお持ちの方なら分かっていただけると思いますが、

約8年間、たったの1日も!1日さえも!

仕上げ磨きを怠ったことがないんですから!

注意ポイント

娘が手術でICUやNICUにいた期間は除く

(〃 ̄∇ ̄)ノ

というわけで、そんな私が個人的に超おすすめする!

っていうか、歯科医院でおすすめされた、

「仕上げ磨きの方法」「仕上げ磨き用おすすめ歯ブラシ」

の詳細をここに記します。

子供の「仕上げ磨きの方法」に悩んでおられる方や、「おすすめ仕上げ磨き用歯ブラシ」を探しておられる方、または、ちょっと特殊になりますが、私のように、

お子さんの身体的理由(病気)などで、虫歯に気をつけるように医師から言われて必死の方

の参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

「仕上げ磨き」は歯ブラシ選びが重要!私が「仕上げ磨き」に並々ならぬ闘志を燃やす理由!

娘(8歳)は、大きな病気を持って生まれてきました。

酸素を付けて生活しなければいけない以外は、そんなに生活に制限はなかったのですが、医師からは、常日頃、こう言われ続けてきたんです↓

<娘の担当医から言われたこと》

①脱水に気を付ける

②ケガに気を付ける

③風邪を引かせないようにする

虫歯に気を付ける

⑤できるだけ泣かせないようにする

娘は、私にとって第一子。

ただせさえ神経質な私は、ほぼノイローゼ状態となり、以上の注意事項に異常なまでに気を配りました。

その中でも「虫歯」に関しては、

これは、完全に

「親の仕上げ磨き次第で、守ってあげられること」

であり、

もうね、私、「仕上げ磨きの鬼」と化すようになったんです。

娘を虫歯にしてしまって持病の治療に支障が出るなんて絶対にイヤ!

娘の身体に負担をかけるようなことは、絶対にあってはダメ!!!

実際、手術が決まった時に虫歯が発見されると、手術延期の可能性があると言われていました。

私は、1日も早く、1分でも早く、全ての手術を完了させて酸素がない自由を娘に教えてあげたい一心で生活していたので、

虫歯で手術が延期になるなんて絶対にナシだったんです。

スポンサーリンク

「仕上げ磨きの方法」と「おすすめ仕上げ磨き用歯ブラシ」はこれ!~子供(小児)歯ブラシ「選び方」~

そんな私の仕上げ磨きの方法(手順)は、これです↓

<仕上げ磨きの方法(手順)>

①娘に自分磨きをさせる

②親が「仕上げ磨き」をする

③フロスを使う

④フッ素ジェルを塗布する

⑤ハキラ

注意ポイント

この他には、2~3ヶ月に一回、定期検診とフッ素塗布に歯医者さんに通っています。

そんな私が、

虫歯ゼロへの道を極めるために!

最終的に選んだ超絶おすすめしたい

「仕上げ磨き用歯ブラシ」

がこれです!

ライオン こども歯ブラシ EXkodomo

ショップ:歯科医院取り扱い品のお口の専門店

注意ポイント

自分磨き用に13M、仕上げ磨き用に14Mを使っています。

まずは、「13M」から↓

<13M>(短め)

アップ!

この歯ブラシの一番の良さ(おすすめポイント)は、

毛!!!

(`・ω・´)

歯科医院専用の歯ブラシというだけあって、

とにかく「毛」が違うんです!!!

毎日毎日同じ歯ブラシを使っても、

そう簡単に毛が開いたり、へたったりしません。

仕上げ磨きの磨き残しもほぼなくなります!

染め出し液を使って検証済みなので、間違いないです。

歯医者さんでも確認してもらいましたので。←どんだけ~

続いて「14M」がこちら↓

<14M 長め>

アップ!

比較するとこんな感じ。

上が「13M」、下が「14M」

ヘッドは若干「14M」の方が小さいような気がするレベルです。

娘が幼い頃からいろいろな歯ブラシを試してきましたが、

①性能

②使いやすさ

③耐久性

の3拍子が揃った歯ブラシはこれ以外にありません!

あっ、ちょっと言い過ぎました。(〃 ̄∇ ̄)ノ

何て言ったらいいのかなぁ?

毛先と歯垢の絡め取り具合がたまらなくイイ感じなんです。

続いて、歯みがき粉が、これ!

ライオン チェックアップ コドモ

注意ポイント

フッ素950ppm配合の子ども用歯磨き粉です。

子どもの歯磨き粉で、高濃度フッ素配合のものはそんなにないのですが、その中でもこれは、

低研磨性(歯や歯肉に優しい)

泡立ちの少なさ

香りの優しさ

の3拍子がこれまた揃った頼れるお方。

ちなみに、現在、娘が使っているのはいちごです。

ショップ:歯科医院取り扱い品のお口の専門店

さらに続いて、フロスがこれ!

ライオン DENT.EX ウルトラフロス

<手が届かない奥歯の歯間お掃除に>

フロスは、「仕上げ磨き」の必須アイテム!

フロスなくして仕上げ磨きは完了しません!

子供にフロスなんて無理!

と思われる方もおられると思いますが、

このフロスはY字なので、めちゃめちゃ使いやすいから大丈夫!!!

難易度の高い奥歯の歯間でも、

真上から簡単にお掃除ができちゃいます。

本当に使いやすいので、娘(8歳)は自分でケアもできるようになったんですよ♪←これ大事!

1本でかなりもつので、値段は高めだけど、コスパ悪くないです。

ショップ:歯科医院取り扱い品のお口の専門店

さらに続いて、フッ素ジェルはこれ!

ライオン チェックアップジェル

注意ポイント

フッ素950ppm配合の子ども用歯磨きフッ素ジェルです。

フッ素入りの歯磨き粉とこのフッ素ジェルのw使いで、万全の態勢を整えています。

「Wフッ素」だからできる効果的なムシ歯予防

おすすめです。

ちなみに、このジェルを使うポイントは、洗口は1回!

「すすぎ過ぎず、フッ素を口の中に残すこと」

が最大のポイントのようで、

15mlの水で1回の少量洗口で、

フッ素滞留性が120%に向上するそうです。

娘はすすぎをし過ぎる傾向にありますが(涙)

注意ポイント

1歳以上から高齢者まで使えるものですが、上記のフレーバーは6歳以上向けになるので、6歳未満のお子さんにと考えておられる方は、フッ素が500ppmに抑えられたバナナ味が安心です。

ショップ:歯科医院取り扱い品のお口の専門店

さらにさらに続いて、ハキラがこれ!

ビーンスターク ハキラ

<食後に、歯磨き後に、お休み前に>

私の精神安定に一役かってます(笑)

注意ポイント

奥歯が生えそろう1歳半ごろまでは、食べさせると危険なのでご注意ください。

最大の危機

以上のような感じで、厳選したアイテムを駆使し、異常と思われても仕方がない程の執念で、娘の仕上げ磨きに身も心も捧げてきた私だったのですが、

過去に一度だけ、最大の危機に見舞われたことがあったんです。

それは、3歳児検診での出来事でした。

3歳児検診で行われる歯科検診で、娘が、

まさかのまさかのまさかの

虫歯あり

( ̄。 ̄ )

判定を言い渡されたしまったんです。

私は突然の出来事で、あまりのショックにその場で涙を堪えるのが精一杯。

嘘だ!嘘だ!嘘だ!

定期検診で診てもらったばかりなのに、そんなわけない!

必死に平常心を保ちながらすぐにかかりつけの歯医者さんへ直行しました。

歯医者さんに着いた時には、もう泣いていました。←豆腐メンタルなもんで

先生もビックリ。

そして、事情を説明し診てもらったんです。

娘のかかりつけの歯医者さんだったので、私の執念も娘の病気のことも知ってくれている先生です。

最近診たばかりなのに変だなぁ?

と不思議がられていました。

そしたら、そしたら、そしたらですよ!

虫歯と言うレベルじゃないから大丈夫!

だと言われたんですよ!

もちろん、治療も一切なしです!

3歳児検診の先生は、

「かかり付け医にすぐに行った方がイイ。」

とまでおっしゃったんですよ!

今にして思えば、娘の持病のこと、手術のことを気にして、厳しく判断してくださったということは分かりますが、

私の涙、返さんかーい!!!

そんでもって、

母子手帳、書き直さんかーい!!!

しかし、きわどい歯があったのは事実。

この事件を機に、私の仕上げ磨きに対する執念に拍車がかかったことは言うまでもありません。

えぇ、一番の被害者は娘です(汗)

最後に

「歯磨きの方法」や「おすすめ仕上げ磨き用歯ブラシ」だけを紹介させていただくつもりが、何だか余計なことまでつらつらと書いてしまい、

すみません。

本当に文章を書くのが苦手なもんで、書いてる間にどんどんどんどん中心がずれて行ってしまうっていう。。。

(〃 ̄∇ ̄)ノ

これは、どうしても「強いこだわり」を捨てられなかったちょっとビョーキだった母親の記録としてお受け取りください。

ただ、上記で紹介させていただいた「仕上げ磨き用歯ブラシ」や「歯磨き粉」、「フッ素ジェル」などは、本当におすすめなので、是非検討されてみてくださいね。

当記事が、子どもの「仕上げ磨きの方法」と「おすすめ仕上げ磨き用歯ブラシ」を選ぶ際の参考になりましたら幸いです。(選び方)

グッドラック!

親バカ必見!人気の乳歯ケースを実際に使用し検証した結果!

娘の乳歯の生え変わりと同時に、楽天で購入した人気の乳歯ケース(名入れ)が、むちゃくちゃおしゃれでかわいくて、 子どもの乳歯を大切に保存したい! 親バカ代表の私にはたまらない一品でしたので、 その詳細と ...

続きを見る

【仕上げ磨きいつまで?】子供を絶対に虫歯にしたくない親が持つべき覚悟とは!?

子供の仕上げ磨きは、 いつまで(何歳まで)!? 毎日の仕上げ磨き(歯磨き)を頑張っておられるお母様方なら、誰しも気になるテーマではないでしょうか。 仕上げ磨きを「嫌がる」のが、そう、子供というもの。 ...

続きを見る

学校歯科検診の危険な落とし穴!まさかの「虫歯あり」判定でわかった衝撃の真実とは!?

小学3年生の娘が、 「学校歯科検診」で、まさかの 虫歯あり 判定の紙をもらって帰ってきました。 ┏(|||`□´|||;;)┓ 当ブログを前から読んでくださっている方は、分かってくださると思いますが、 ...

続きを見る

-子どもの歯磨き・仕上げ磨き, 子育て
-

Copyright© 続こたつむり主婦の気ままな暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.