17歳上夫、10歳女の子と3歳男の子を持つ、メンタル豆腐な「こたつむり主婦」のブログ

続こたつむり主婦の気ままな暮らし

家具照明器具の故障・修理 生活

ソフトクローズ(開き戸)の故障(閉まらない)!自分で直せずメーカー修理となった結果!

投稿日:2016年5月19日 更新日:

わが家のリビングのパナソニックの開き戸のソフトクローズが閉まらなくなりました。(故障)

自分でなんとか調整しようとしましたが撃沈し、メーカー修理となった結果、

もっと早く知っておけばっ!

∑(-∀-ノ)ノ

という事実が分かりましたので、その詳細をここに記します。

今まさに、開き戸や引き戸のソフトクローズが閉まらなくて困っておられる方の参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

<ソフトクローズ開き戸×故障>自分で調整(修理)しようとしたけどできなかった(泣)

わが家の開き戸は、パナソニックの

「リビエ780タイプ」です。

新築時に導入したものなので、

使用歴約6年で、

実は、ソフトクローズの不具合は今回が初めてではないんです。

最初に不具合が起こったのは、

築2年目の頃。

今回と同じで、ソフトクローズが効かなくなり、

「バタンッ!!!と音がするまで自分で閉めないと閉まらない」

というものでした。

最初の不具合が起こった時は、ちょうど定期点検時期(パナホーム)と重なったため、その時に担当の方に故障を直してもらうことができました。

そして、その時に、今後また同じような不具合が起こった時に、自分で直せるように、調整の仕方(仕組み)を教えてもらっていたにも関わらず、今回の故障ではどうしても自分で直すことができませんでした。

スポンサーリンク

自分で直せなかった「故障の原因」

どうして、過去にやり方を教えてもらっておきながら、その通りにやっているのに自分で直せなかったのか!?

それは、ズバリこうでした↓

【自分で直せなかった故障の原因】

部品が壊れていた! (`ロ´;)

まずは、こちらをご覧ください↓

開き戸(扉上)に取り付けられているソフトクローズ本体です。

カバーを外している状態です

効かなくなったソフトクローズを直すためには、カバー下のこの穴「差込穴」から

扉を閉めた状態でマイナスドライバーをここに当たるまで差し込み、↓

image

アップ!

真上に「カチッ」と音がするまで押すだけで直せるはずだったのですが、

ドライバーを真上に差し込んでも、うんともすんとも言わず、何の手応えを得ることもできなかったんです(涙)

過去に実際にやり方を教えてもらっていたにも関わらず、説明書を読んでいるにも関わらず…。

困り果てて、

パナソニックの修理相談センターに電話するも撃沈。

言われた通りにやってもやっぱり、うんともすんとも言わず(涙)

そしたら、

「部品が壊れている可能性」

を指摘され、

メーカー修理を依頼するように提案されてしまったんです。

えー!!!!!

┗(;´Д`)┛

 しかも、

「メーカー修理となると、修理代も部品代も出張料金もかかる」

と言うではあーりませんか!(涙)

いやだよー。いやだよー。

住宅メーカーに相談した結果、帰って来た「意外な答え」

しかし、もったいなくてなかなか修理を依頼する気になれず、何ヶ月も経過したある日のこと、アンタどんだけケチなんだい?

別件でパナホームに、相談したい事案が起こったんです。

ソフトクローズの故障に関しては、

築6年目でパナホームに相談しても有料修理を勧められるだけだと勝手に思い込んでいた

ので、パナホームには何の相談もしていなかったんです。

なので、その時についでにソフトクロースの不具合の対応をダメもとで相談してみたわけですが、

その結果、まさかの「意外な答え」が返ってきたんです

「こちらの負担で修理対応させていただきます」

と!!!

もうビックリ!!!

∑(-∀-ノ)ノ 思い込みって怖いですね~。

そんなことなら初めから、

パナホーム(住宅メーカー)に相談しとけばよかったのに!

パナソニック ソフトクローズ 「メーカー修理詳細」

メーカー(パナソニック)修理詳細

メカ―修理内容は、こうでした↓

部品故障による、

「開き戸ソフトクローズ本体(枠側)の交換」

です。

故障してしまったソフトクローズは、かなり初期のタイプだったとかで、最新型に交換していただきました!

旧タイプに比べると、肝心な調整部分が白く分かりやすくなっているのが分かります。

アップ!

旧タイプ同様、カバー下の差込穴からドライバーで調整します↓

作業時間は、1時間20分で、思っていた以上に長くかかったのですが、

作業はとても丁寧で、スリッパも持参され、とても良かったです。

最初にカバーを外す際、「バキッ」と音がしてカバーが割れてビックリしましたが、

image

カバーはソフトクローズとセット商品だったので良かったです(笑)

だから、カバーも新品になった♪

ソフトクローズの故障で自分で直せなかった時に「まず取るべき行動」はこれ!

今回の故障&修理を経験したおかげで、

修理に来ていただいた方から、

「家の不具合が起こった際の重要な心得」

を得ることができました!

それはこれです↓

家のことで不具合が起こった際は、築何年経っていようが、まずは住宅メーカーへ相談するべし!!!

不具合が起こった商品の修理サポートセンターにかけても、たらい回しの可能性がありおすすめしないということでした。

住宅メーカーに相談しておけば、例え無料修理の対象にならなくても、履歴が残るそうで、大切なことらしいです。

ちなみに、今回は、パナホームの計らいで、修理代はタダで済んだので良かったわけですが、参考までに、実費だった場合の金額を聞いたので記載します。

開き戸ソフトクローズ本体(枠側)交換でかかったであろう修理代

<部品代>:5,500円

<出張料>:2,500円

これに、さらに技術料が加算されるということでした。

高いですね…(汗)

最後に

ソフトクローズが無事に直って、開き戸を閉める度に、

バタンッ!バタンッ!

と音がするストレスからやっと解放され、

勝手にスーッと静かに閉まってくれる心地良い生活に戻ることができました!

┗(`・∀・´●)

かな~り、故障を放置していたので本当に久しぶりで気持ちがイイ!

ソフトクローズは、扉の使い勝手が良くなるから好きな機能だけど、

故障はめんどくさいですね。

当記事が、ソフトクローズ(開き戸)の不具合「故障」で困っておられる方の参考になりましたら幸いです。

グッドラック!

-家具照明器具の故障・修理, 生活

Copyright© 続こたつむり主婦の気ままな暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.