お出かけ情報 暮らし

ディズニーランドで障害者手帳を使う2つのメリットと注意点

2018年11月1日

ディズニーランド障害者手帳を使うメリット「大」。

こたつむり主婦
障害者割引でチケット代が最大2,000円安くなる

今回はこんな疑問にお答えします。

  • ディズニーランドで障害者手帳を使うメリットと注意点

当記事をよめば、障害者手帳のおかげで、身体への負担を最小限に抑え、体調を崩すことなくディズニーを満喫できた娘と母の満足度が分かります。

スポンサーリンク

ディズニーランドで障害者手帳を使う2つのメリット

ディズニーランドで障害者手帳を使うメリットは以下の2点です。

障害者割引でチケット代が安くなる

まず、障害者手帳のメリットを語る上で外せないのが障害者割引です。

こたつむり主婦
障害者本人及び同伴者1名に限り購入可

2021年に導入された日別変動価格制により価格が4パターンあってちょっと分かりにくいけど、割引「大」。

ディズニー公式カレンダーに記載された価格によって割引率「異」

\ 1デーパスポート (カレンダー表記:7900) /

ワンデーパスポート(7900円)通常価格障害者割引
大人(18歳以上)7,900円6,500円
中人(12~17歳)6,600円5,300円
小人(4~11歳)4,700円3,800円

\ 1デーパスポート (カレンダー表記:8400) /

ワンデーパスポート(8400円)通常価格障害者割引
大人(18歳以上)8,400円6,800円
中人(12~17歳)7,000円5,600円
小人(4~11歳)5,000円4,000円

\ 1デーパスポート (カレンダー表記:8900) /

ワンデーパスポート(8900円)通常価格障害者割引
大人(18歳以上)8,900円7,100円
中人(12~17歳)7,400円5,900円
小人(4~11歳)5,300円4,200円

\ 1デーパスポート (カレンダー表記:9400) /

ワンデーパスポート(9400円)通常価格障害者割引
大人(18歳以上)9,400円7,400円
中人(12~17歳)7,800円6,200円
小人(4~11歳)5,600円4,400円
こたつむり主婦
ワンデーパスポートが最大2,000円引き

その他パスポートの障害者割引についてはディズニー公式をご覧ください。

  • 入園時間指定パスポート(午前10時30分~)
  • 入園時間指定パスポート(正午12時~)

ここに注意

  • 障害者割引パークチケットはオンラインでのみ販売
  • チケット窓口での販売はなし

ディスアビリティアクセスサービスを利用できる

ディスアビリティアクセスサービスはアトラクションの列に並ばずに待つことができるサポートサービスです。

待ち時間をパーク内のどこで過ごしてもOK。

こたつむり主婦
同伴者も一緒に行動可

指定時間まで、レストランで食事をするも良しベンチでゆっくりするも良し。

娘は、体力温存のため座らせ、軽食を食べさせたりして過ごしました。

利用対象者

ディスアビリティアクセスサービスを利用できるのは下記の手帳をお持ちの方。

  • 身体障碍者手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 療育手帳 (愛の手帳 緑の手帳)
  • 被爆者健康手帳
  • 戦場疾病者手帳
  • 障害福祉サービス受給者証

登録場所

  • 各アトラクション
  • メインストリート・ハウス
  • ゲストリレーション

登録方法

  1. 本人+1名以上の同伴者が障害者手帳とそれぞれのパークチケットを提示
  2. 本人確認に使用する顔写真を撮影

登録時に全員いなくても、後から全員分のパークチケットを提示すればOK。

こたつむり主婦
ファストパスやスタンバイパスとの併用も可

利用方法

  1. 対象施設のキャストにディスアビリティアクセスサービスに登録したパークチケットを提示
  2. 待ち時間を列以外の場所で待機
  3. 時間になったら対象施設に戻る
  4. 専用通路からキャストが案内

東京ディズニーリゾートアプリを利用すれば、待ち時間をアプリで確認可。

アプリを利用しない場合は、指定時間が書かれたメモを受け取ります。

こたつむり主婦
利用する流れは旧ゲストアシスタンスカードと特に変更なし

\ 旧ゲストアシスタンスカード /

\ オープン /

スポンサーリンク

ディスアビリティアクセスサービスの注意点

ディスアビリティアクセスサービスの注意点は以下の2点です。

列に並ばず待機している間は他のアトラクションを利用できない

ディスアビリティアクセスサービス利用時は、他のアトラクション利用不可。

DASは「効率よくアトラクションを楽しむためのもの」ではなく、あくまで「身体が不自由な人の負担を軽減するためのサポートサービス」です。

指定された時間に戻っても完全に待ち時間ゼロではない

DASを利用して指定された時間に戻っても、アトラクションによっては並ぶ場合あり。

専用通路を通ってすぐに乗車できるアトラクションもあれば、専用通路から入っても、最終的に一般の方が並んでいる本線と合流するものなど様々。

こたつむり主婦
特に「イッツ・ア・スモールワールド」が後者で焦った

逆にカヌー体験やフランダーのフライングフィッシュコースターは一般の方に申し訳ないくらいのスピードで乗車。

不安な方は、各アトラクションのキャストに詳細を聞いておくと安心です。

その都度相談が原則

ディスアビリティアクセスサービスの利用は原則「障害者本人と同伴者5名の計6名まで」となっていますが、実は、必ずしもそうではありません。

キャラクターグリーティング施設は「障害者本人と同伴者9名の計10名まで」

利用人数は、当日の状況とアトラクションによって異なります。

こたつむり主婦
キャストに「その都度相談」が原則

※公式に確認済み

実際、11名で申告したわが家はこうなりました。

\ 6名以上どころか8~9人で体験 /

  • イッツ・ア・スモールワールド
  • プーさんのハニーハント
  • ロジャーラビットのカトゥーンスピン
  • フランダーのフライングフィッシュコースター

カヌー体験に関しては、11名全員OKをいただき感謝感激。

おかげで最高の思い出ができました。

\ 3歳の弟も一緒に /

娘の体調を考慮し「昼に一旦ホテルに戻り、寝かせて夜また行く」というゆったりスケジュールだったため、乗ったアトラクションは少ないけど参考まで。

スポンサーリンク

障害者手帳を持っていない方向けのサービスもある

ディズニーランドには、障害者手帳を持ってないけど「列に並べない方」のためのサービスもあります。

合流利用サービス

合流利用サービスは、本人のみが列に並ばずに別の場所で待機できるサポートサービスです。

高齢の方や妊娠中の方におすすめのサービス

こたつむり主婦
本人以外は列に並ぶ必要あり

手帳の有無で同伴者の運命が決まります。

\ おさらい /

  • ディスアビリティアクセスサービス (手帳あり):                          同伴者⇒列に並ぶ必要なし
  • 合流利用サービス (手帳なし):                       同伴者⇒列に並ぶ必要あり

車椅子レンタル

東京ディズニーリゾートでは、車椅子のレンタルも可。

\ レンタル料金 /

  • 車イス:500円
  • 電動カート:2,000円
  • 介助用電動車イス:1,000円

滞在ホテルがディズニーオフィシャルホテルであれば、ホテルまで持ち出し可。

翌日返却できます。

\ 合わせて読みたい /

おすすめ
ディズニーベビーカーレンタルの5つの魅力と注意点

福岡からのディズニー旅行で3歳7ヵ月の息子にベビーカーをレンタルしました。 その結果、持ち込みより絶対レンタル。 こたつ ...

続きを見る

ディズニーランドで障害者手帳を使う2つのメリット | まとめ

DASのおかげで、娘の体調を思うとなかなか実行できずにいた2泊3日東京ディズニーランド旅行を無事に完遂。

こたつむり主婦
まさかこんな日が来るなんて【嬉し泣き】

当日、ご配慮いただいたキャストの方、本当にありがとうございました。

\ 障害者手帳のメリット /

  • 障害者割引でチケットを購入できる
  • ディスアビリティアクセスサービスが受けられる

ここに注意

  • 障害者割引パークチケットはオンラインでのみ販売
  • チケット窓口での販売はなし

\ 合わせて読みたい /

おすすめ
子連れディズニーの持ち物 | まさかの落とし穴

初めての子連れディズニー、持ち物は完璧のはずでした。 こたつむり主婦なのに、まさか「食べもの」に困るとは 今回はこんな疑 ...

続きを見る

おすすめ
10月ディズニー!子供の服装選びの3つのポイントとおすすめコーデ

10月ディズニーを満喫するために、絶対に押さえておきたい子供の服装。 結論から言うと、10月ディズニーの子供の服装はロン ...

続きを見る

ブログ村ランキング参加中

お手数ですが、読んだよ~のしるしに画像ポチっとお願いします。あなたのクリックでランキングが上がります♡

-お出かけ情報, 暮らし

© 2022 続こたつむり主婦の気ままな暮らし Powered by AFFINGER5