続こたつむり主婦の気ままな暮らし

17歳上夫、10歳女の子と3歳男の子を持つこたつむり主婦です。専業主婦目線で日々の出来事や子育て、憧れの北欧インテリアについて綴ります。

ウッドブラインド 超絶おすすめ!人気のウッドブラインドをリビングダイニングに採用した結果!

      2018/03/09

おすすめ&人気のウッドブラインドをリビングダイニングに取り付けました!!!

超節約家専業主婦の私にとって、新築してまだ5年半しか使っていないカーテンをウッドブラインドに変えることは、

贅沢過ぎて、清水の舞台から飛び降りるどころでは済まされない程の勇気がいる決断

だったのですが、

胃痛が起こる程、悩んで悩んで悩みまくり採用した結果、毎日が超ハッピーで

木製ブラインドは、

たまらんサイコーだぞーい!

ヽ(*´∀`)ノ

と心の底から叫びたくなる程気に入り、超平凡なわが家のリビングが、

ちょびっと、ス・テ・キ♡

になりましたので、

THE!自己満足!ですが、ちょこっと紹介させていただきます。うふ。

これからリビングダイニングにウッドブラインドを考えておられる方やウッドブラインド(木製ブラインド)のメリットデメリットが気になっておられる方の参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

リビングのカーテンをウッドブラインドに変えたかった理由

かなりの勇気を振り絞って、カーテンからウッドブラインドに変えたわけですが、今まで使ってきたカーテンのデザインがが嫌いだったわけではないんです。

image

むしろ、カーテン自体はすごく気に入っていました。新築時に自分で選んだものだったので。

じゃあ、それなのに、どうして私がわざわざウッドブラインドに変えたかった?

理由はこうです↓

【理由①】

カーテンを閉めた時のカーテン特有の「のぺっと感」がどうしても好きになれなかった!

ヽ( )´Д`()ノ

【理由②】

わが家の西側リビング窓は隣家の東側窓ともろかぶりで、レース(ミラーレース)だけにすると、日差しの当たり具合で家の中が丸見えになる時間帯があり、それがずっと気になってなかなかカーテンを開けれずにいた。

しかも、プライバシーレースではなく糸のかなり細い繊細なレースのカーテンだったため、電気を付ける夕方以降はすぐにカーテンを閉めないと落ち着かず、そんな習慣がかなり嫌だったんです。

ヽ( )´Д`()ノ えぇえぇ、自意識過剰だとよく言われます。

【理由③】

憧れのブロガーさんのお宅に少しでも近づきたかった!

カーテンをブラインドに変えれば、うちの平凡なリビングも少しはオシャレにできるのではないかと思ったんです。

(´∀`;) むり?

スポンサーリンク

カーテンからウッドブラインドへ。BEFORE→AFTER

ではでは、カーテンからウッドブラインドへと変貌を遂げたわが家のリビングダイニングのビフォーアフターを見ておくんなまし!

<BEFORE>image

<AFTER>ヽ(*´v`*)ノimage

何という事でしょうーっっっ!!!

言葉にできない程のスッキリ感ー♫

この写真はスラットを閉じて撮影したもので、

スラットを開いた状態がこっち♪↓image

逆光で写真がちょっと暗いけど、

ウッドブラインド最高ー!!!

ウッドブラインドのここがイイ!

【ここがイイ!①】

カーテンと違って、ブラインドを完全に閉じている時(夜)もオシャレ!

image

ヽ(*´v`*)ノ

【ここがイイ!②】

窓周りがもたつかず、常に究極のスッキリ感を味わえる(天井付け)♪

もたついていた窓回りが↓image

超絶スッキリー!!!image

「天井付け」にして大正解!!!

【ここがイイ!③】

スラットの向きを調節することで、明るさは確保しながら西日をうまい具合に調節(回避)できる!

カーテンの時は、西日が当たり始める夕方からはカーテンを閉めた生活を送っていたのですが(家の中が丸見えになるため)、ウッドブラインドに変えてからは、スラットの向きを調節するだけで、自分が好きな明るさを維持したまま、目隠しも同時に行えるようになりました♪

ウッドブラインドの注意点!

念願のウッドブラインドにして、大満足しているのですが、やはり、カーテンの方が良かった点もありました。

それは、レースのカーテンの時のようにフラットに外の景色を見ることができない点です。

ウッドブラインドでもできないことはないのですが、外の景色をバッチリ見たい時には、スラットを完全に水平にする必要があるので、その分、外からは丸見え状態となります。

ゆくゆくは、リビング南側の掃出し窓もウッドブラインドに変えたいと考えていたのですが、南側には庭があり、四季折々の緑の変化を楽しむのが私の癒しになっているので、南側はカーテンのままでいこうかなと思案中です。

カーテンとウッドブラインドの組み合わせもなかなか気に入ったので♪

ただ、やっぱり、カーテンを閉じると、キライ(=_=)って思うんですけどね。

 最後に

ウッドブラインド生活をもっと快適なものにするために、窓にガラスフィルムを張る予定にしています。

窓全面に貼るのではなくて、一部分に。

リビング西側窓は、お隣さんの窓とはかぶってはいますが、空や緑も見える大切な窓なので、その景色は大事にしたいんです。

貼り終えたら、またご報告させていただきますね♡

当記事が、カーテンからウッドブラインドへの変更を考えておられる方やウッドブラインドのメリットデメリットが気になっておられる方の参考になりましたら幸いです。

グッドラック!

スポンサーリンク

<関連記事①>

ニチベイ ウッドブラインド クレールの魅力!私が選んだ価格 色 スラット幅はこれ!

リビングに採用したウッドブラインドのメーカー、価格、色、スラット幅の詳細を記載しています。

image

<関連記事②>

【ウッドブラインド価格比較!】無印 IKEA 楽天 ニチベイの木製ブラインド価格差はこれ!

image

<関連記事③>

簡単!ブラインド掃除方法と言えばコレ!人気の「レデッカーブラシ」使用レポ!

<関連記事④>

ウッドブラインド「取り付け」を超不器用夫婦が挑戦した経過と結果!

子ども部屋のウッドブラインド取り付けに初めて挑戦した結果、想像以上の簡単さに超絶ビックリ!

業者に頼まず、自分で取り付けを考えておられる方、必見です。

 - インテリア, ウッドブラインド