スキンケア 赤ちゃん育児

【体験談】おむつかぶれが実はカビだった話

2016年7月30日

おむつかぶれだと思っていた息子の湿疹が、まさかのカビだと判明。

今回は、そんなカビによる湿疹を勝手にただのおむつかぶれと決めつけ、病院に行かず、かなり悪化させてしまった私の失敗談をここに記します。

こたつむり主婦
おむつかぶれはカビによるカンジダ性皮膚炎の可能性があります。

赤ちゃんのおむつかぶれがなかなか治らなくて困っておられる方やおむつかぶれで病院へ行くべきか悩んでおられるお方の参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

おむつかぶれがまさかの「カビ」だった!

息子(生後11ヶ月)が風邪で高熱を出した直後のことでした。

息子のお尻からおまたにかけて赤い湿疹ができてしまっていることに気付いたんです。

でも、上の子の子育て経験から、勝手に「おむつかぶれ」と判断。

病院へは連れて行かず、以下の方法で様子を見ることにしました。

  • こまめなオムツ替え
  • ウンチの後のお尻洗い
こたつむり主婦
上の子は、この方法ですぐにおむつかぶれが治ったので、息子もすぐに良くなると思ったんです。

が、しかし、息子の湿疹は、それはそれは痛々しいほどにどんどん悪化。

特にひどかったのがタマタマで、これは絶対何かおかしい。

検索魔と化した私は、ここで、初めて、赤ちゃんのおむつかぶれには実はカビの可能性があることを知りました。

ネットの画像を見て確信。これ、絶対カビやん。

ショックと同時に自分の勝手な判断と無知さを反省しました。

スポンサーリンク

おむつかぶれの正体は「カンジダ性皮膚炎」!

それからすぐに病院へ連れ行った結果、先生は、息子の湿疹を一目見るやいなや「カビです」と断定。

カンジダ性皮膚炎と診断されました。

カンジダ性皮膚炎とは?

カビの一種であるカンジダ菌が原因で起こる皮膚炎のこと

こたつむり主婦
おむつかぶれと症状が似ているので、とても見分けにくい病気だそうです。

カンジダ性皮膚炎の治療には抗真菌薬が必要!

カンジダ性皮膚炎の治療には、抗真菌薬が必要です。

息子が処方されたお薬がこれ。

\抗真菌薬「 ラノコナゾール軟膏1%」/

image

こたつむり主婦
カビには抗真菌薬、効果てきめんでした。

カンジダ性皮膚炎にステロイドはダメ!

ステロイド薬は、カンジダ菌の増殖を促します。

実は私、以前に軽いおむつかぶれで処方されたステロイド(ロコイド)を勝手に使用してしまっていたのですが、これが大きな大間違い。

こたつむり主婦
小児科の先生よりステロイド(ロコイド)は逆効果であると注意を受けました。

私のせいで悪化させてしまったと言っても過言ではありません。

カンジダ菌とは?

  • カンジダ菌は、皮膚やウンチの中に常に存在している常在菌の一種で、誰でも持っているそうです。
  • 風邪を引いたら要注意。抵抗力が落ちてる時が危険です。
  • 普段は悪さをしないそうなのですが、風邪などで抵抗力が落ちている時などに悪さをしてしまうとか。

息子の状況はまさにこれでした。

おむつかぶれができたら病院受診がおすすめ!

湿疹は、医師でも見誤ることがあるくらい判断が難しいそうです。

なので、抵抗力の弱い赤ちゃんのおまたに湿疹ができてしまった時は、できればその都度、皮膚科か小児科を受診されることをおすすめします。

こたつむり主婦
おむつかぶれとカンジダ性皮膚炎の違いを見極めるのは素人には難しい。

私におむつかぶれやカンジダ性皮膚炎の正しい知識さえあれば、すぐに病院を受診し、ここまで息子の湿疹を悪化させてしまうことはなかったと思います。

当記事が、赤ちゃんのおむつかぶれで悩んでおられる方の参考になりましたら幸いです。

グッドラック!

ブログ村ランキング参加中

お手数ですが、読んだよ~のしるしに画像ポチっとお願いします。あなたのクリックでランキングが上がります♡

-スキンケア, 赤ちゃん育児

Copyright© 続こたつむり主婦の気ままな暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.